キャッシングのお得情報

キャッシングを利用する前にお得なキャンペーン情報やサービスをしっかりと調べましたか?業者によっては無利息期間が合ったりと、知識があればとても便利に使えます!

キャッシングのお得情報・まとめ

キャッシングに関して得する情報…、というのはクレジットカードと違って少ないのですが、一番大きいのは以下に無利息期間を活用するかということでしょう。ポイントをまとめると、

  • 「初回30日間無利息」で借りると、
  • プロミス・アコムなどの消費者金融で借りても、
  • 最初の5ヶ月は、銀行カードローンより低利息

ということです。つまり、

  • 審査に通りやすい上に、
  • 審査スピードも早く、
  • しかも低利息

となるわけですね。これは多くの人が知らない「キャッシングのお得情報」といえます。以下、こうした「消費者金融の初回30日間無利息」について書いていきます。

初回30日間無利息で借りられる消費者金融

上に書いたメリットはあくまで「初回30日間無利息」の場合のみです。ノーローンが提供している「何度でも1週間無利息」も便利ですが、「利息総額で銀行カードローンより安くなる」というのは、30日間無利息のメリットです。

(もちろん、1週間だったらノーローンの無利息期間でも、当然銀行カードローンより低利息になります。)

で、その「初回30日間無利息」のシステムがある消費者金融はどこか。これを一覧にすると、

  • アイフル
  • プロミス
  • アコム

の3つの消費者金融となります。ノーローンは先に書いた通り「何度でも1週間無利息」ですし、SMBCモビットは無利息期間を持っていません。

なぜ初回30日間無利息だと、銀行より安くなるか

なぜ「初回30日間無利息」でキャッシングすると、銀行カードローンよりも低利息になるのか。この計算を簡単に紹介しましょう。

まず、たとえば「10万円」をキャッシングしたとします。この時、消費者金融と銀行カードローンのそれぞれの「1ヶ月の利子」は下のようになります。

  • 銀行カードローン…1200円
  • 消費者金融…1500円
  • ↑(両方「大体」です)

で、このように「1ヶ月の利息差」が「300円」となるわけですね。で、「最初の1ヶ月」だけ見ると、

  • 銀行カードローン…1200円
  • 消費者金融…0円

となるわけです(30日間無利息なので)。で後は、

  • この「1200円」の差を、
  • 毎月「300円ずつ」、
  • 銀行カードローンが縮めていく

というレースになるわけですね。で、追いつくまでのシミュレーションをすると、各月の利息差は下のようになります。

  • 1ヶ月終了…1200円
  • 2ヶ月終了…900円
  • 3ヶ月終了…600円
  • 4ヶ月終了…300円
  • 5ヶ月終了…0円

…という風です。5ヶ月がまるまる経過して、ようやく利息差がゼロになるということですね。

なので「5ヶ月以内に完済できる」という人であれば、

  • 銀行カードローンで借りるよりも、
  • アコム・プロミス・アイフルで借りた方が、
  • 実は利子総額が安くなる

ということなんですね。そして、さらに「借りやすい」というメリットがあることも、見逃せません。

審査にかかる労力が、消費者金融の方が小さい

お金持ちの方だったら常に意識していることですが、要するにお金というのは「鋳造された自由」(by ドストエフスキー)であり、「自由=労力・時間」とほぼ等価交換できます。(自由の反対の強制労働は、これらをすべて提供するものですからね)

ということで、お金を節約するためには「労力・時間」も節約する必要があるのです。そして矛盾するようですが、

  • 「お金の節約」のために、
  • 「かかる労力・時間が大きい場合、
  • 「むしろお金を払って」労力・時間を節約した方がいい

…となるわけです。倹約家で知られる世界一の投資家ウォーレン・バフェットも「移動手段に関しては、いくらでもお金をつかうべきだ」と言っています。これも「時間・疲労の軽減」を考えてのことです。

また、まったく同じ内容で、宮本武蔵の名言でも「商売道具には、富貴を惜しむべからず」というものがあります。つまり、

  • 楽しみのためには、お金をつかうな
  • しかし、自分の仕事道具には、どこまでもお金を使え

…ということです。要するに「プロであれ」ということですね。

と、やや迂遠な話になりましたが、このように、

  • 「お金を本当に節約しよう」と思ったら、
  • お金だけではなく「時間・労力」も節約しないといけない

…ということなのです。そして、それも考えると、

  • 「利子総額が同じ」なら、
  • 消費者金融の方が「借りるための手間・時間」が少ないので、
  • 消費者金融で借りた方が断然いい

ということですね。なので、5ヶ月までは利息総額は同じだけど、手間・時間まで考えると、消費者金融の方がいい…ということです。

アイフルの初回30日間無利息について

上で「初回30日間無利息で借りられる消費者金融」を一覧しましたが「アイフル」の名前を見て、キャッシングの知識がある人なら驚いたかも知れません。

というのは、アイフルは2015年までは「初回30日間無利息」のシステムがなかったからです。アイフルが導入するまでは、消費者金融で初回30日間無利息でキャッシングできるのは、

  • プロミス
  • アコム

の2ブランドだけだったんですね。それにアイフルが加わったということです。

それまで、アイフルは優れた消費者金融だったのですが、無利息期間のサービスがない、という点で、アコム・プロミスに若干遅れをとっていました。しかし、そのハンディがなくなったことで、アイフルで借りるメリットがさらに増したと言えます。

プロミス・アコムでなく、アイフルを選ぶメリット

では、同じ「初回30日間無利息で借入可能」な消費者金融の中で、

  • プロミスでもなく、
  • アコムでもなく、
  • アイフルを選ぶ理由

…は何なのか。これは箇条書きすると、

  • プロミスより審査通過率が2%ほど高い
  • アコムと比較すると「銀行との提携」がない
  • つまり銀行カードローンなどで遅延・延滞した履歴がある人でも、
  • それが原因で審査落ちする、ということが少ない

…ということです。審査通過率については、特に説明しなくてもいいでしょう。こおkでは「銀行との提携」について書きます。

アイフルは「グループブラック」で落ちることが少ない

キャッシング審査には「ブラックリスト」がありますが、これは、

  • すべての借入審査で共通するブラックリスト、と
  • 「特定の会社・グループ」だけのブラックリスト

があります。後者のものを社内ブラック・グループブラックと呼びます。

そして、特に「グループブラック」の場合、そのグループの規模が大きければ大きいほど、審査落ちのリスクが上がるわけですね。そのブラックリストに入っている人の場合。

で、そういう前提を理解していただいた上でポイントをまとめると、

  • プロミスは「三井住友銀行」のグループ
  • たとえば「三井住友カード」などで延滞・滞納をしたとする
  • その人は、その履歴によって「プロミス・アコムの審査で不利になる」ことがある

というわけです。要は「こういうマイナスの歴史」がある人の場合、プロミスの審査は「不利になる可能性がある」ということですね。(あくまで可能性ですが)

アイフルはどの銀行とも提携していない

一方、アイフルは創業以来、どの銀行とも提携していません。完全な「独立系の消費者金融」となっています。

だからこそ、2006年の消費者金融バッシングの時に、アイフルが集中的に叩かれたのですが、何はともあれ、こうした理由から「アイフルでは、グループブラックによって審査落ちすることが少ない」といえるのです。

もちろん、アイフルも完全に「グループブラック」がないわけではありません。多少はあります。

独立系の消費者金融なのになぜグループブラックがあるのか、その理由をまとめまそう。

アイフルが保証会社になっている金融機関がある

保証会社というのは、簡単に言うと「審査を代行する会社」のこと。審査だけではなく、回収や督促なども代行することがありますが、アイフルなどの大手の消費者金融は、それをやっているんですね。

銀行などの「長年、企業だけを相手に融資して、個人向けの少額融資をしてこなかった」という金融機関の場合、審査や回収のノウハウがないのです。なので、長年個人向け融資をやってきた消費者金融が、それを代行する(保証会社になる)というのが一般的になっているんですね。

たとえば、こうした消費者金融の保証会社と、銀行カードローンの組み合わせを一覧にすると、

  • プロミス…三井住友銀行カードローン
  • オリコ…みずほ銀行カードローン

…となっています。そして、アイフルも地方銀行のカードローンなどを中心に、いくつかの銀行カードローンやクレジットカードの保証会社を担当している…ということなんですね。

なので、もしそれらのクレジットカードや地方銀行のカードローンを利用していて、そこで延滞・滞納などの返済トラブルを起こしてしまった…という場合には、アイフルの審査でも不利になります。

ということで、アイフルでも「グループブラックがまったくない」というわけではありませんが、プロミスなどと比べると少ないといえます。この点はアイフルでキャッシングするメリットの一つと言えるでしょう。こうしたグループブラックに引っかかる方限定のメリットではありますが。

…というように、初回30日間無利息で借りられる消費者金融の中でも、特にアイフルで借りるメリットというのは、上のようになっています。プロミス・アコム・アイフルの中の、どの消費者金融で借りようか迷った時には、参考にしていただけたら幸いです。

新生銀行カードローン レイクの無利息期間について

無利息期間について語るなら欠かせないのが、新生銀行カードローン・レイク。ここは無利息期間の種類が「2種類」ということで、他の数字にはない充実度を誇っています。

  • 初回30日間無利息
  • 5万円まで180日間無利息

の2種類で、「初回30日間無利息」については、プロミス・アコム・アイフルなどと同じになっています。で、特徴的なのは「5万円まで180日間無利息」の方です。

5万円まで180日間無利息の仕組み

まず、5万円まで180日間無利息の基本的な内容は、名前通りです。半年間、5万円を利息ゼロで借りられるということなんですね。で、ポイントは、

  • 5万円以上の借り入れでも、適用される
  • その場合、5万円部分は無利息になり、
  • 「5万円以上」の部分だけ、有利子になる
  • つまり「20万円」のキャッシングだったら、
  • 「15万円分」の利息だけかかる

…という風です。で、もう一つのポイントが、

  • 初回30日間無利息との併用もできる
  • できるというより「自動的に、適用される」
  • つまり、最初の1ヶ月で「残り5万円」まで返済したら、
  • そこから5ヶ月、利息ゼロ状態が続く

…ということです。もっとも5万円だったら半年間もかからなくても、まじめにやったら返済できることが多いし、最初の1ヶ月でもっと大量に返済したなら、残りの5万円くらい、すぐに完済できるでしょう。

ということで、あくまで「計算ではこうなる」というだけの話ですが、

  • 最初の1ヶ月で「25万円」返済し、
  • あとの5ヶ月で「5万円」返済する

…などの返済スケジュールもありです。

新生銀行カードローン レイクの金利は消費者金融並み

このように、無利息サービスが充実している新生銀行カードローン・レイクですが、通常金利が消費者金融並みという点は注意が必要です。つまり、

  • 無利息期間のうちは低利息(というより無利子)で借りられるが、
  • それを過ぎたら、高金利になる

ということです。どのくらいの高金利かというと、大手の消費者金融とまったく同じなので、先に書いた通り「最初の5ヶ月で完済できるなら、他の銀行カードローンよりも低利息になる」と考えて下さい。

逆にそれをオーバーするなら、無利息期間がなくても、他の銀行カードローンで借りた方がいい…ということです。

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2019 ゼニ武士 All Rights Reserved.