横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンの在籍確認について詳しく教えます!

借入する時に気になるのは在籍確認でどんなことが聞かれるかっちゅうことじゃが、安心せい!横浜銀行も他の銀行とほぼ同じで、堂々と答えていれば、周りにばれるっちゅうことはまずないんじゃから。

横浜銀行の在籍確認で聞かれる内容は?

横浜銀行カードローンの審査の在籍確認で聞かれる内容―。
これは、他の銀行カードローンとほぼ同じです。
難しいことは何も聞かれません。

本人が電話に出た場合は、氏名・生年月日・住所などが聞かれます。
これだけなので、あっという間に終わります。
ただ、普通の電話で聞かれる内容では明らかにないので、これを職場の人に聞かれると、やや怪しまれる可能性もあります。

イメージ070

職場の人への言い訳・説明を考える

というわけで、自分が確認電話に出る可能性が高い場合は、職場の人に対するうまい説明、言い訳を考えておきましょう。
よくある説明が「保険会社の確認だった」「今度、銀行のマイカーローンを組もうと思ってて…」のようなものです。

他にもいろいろな方法がありますが、あまり複雑なものだと、返って矛盾が生じることがあります。
それより、堂々と自然にしていることが大事。

キャッシングの在籍確認の電話で職場バレする一番の原因は、電話の内容というよりも「本人が挙動不審」ということです。
本人が堂々としてれば、ほとんど職場バレすることはないんですね。

今の時代、カードローンを利用するのはごく普通のこと。
常に利用するというのはおすすめできませんが、たまに利用するくらいならまったく問題ないでしょう。

日本人の3分の1は借金をしている

金融庁などのデータによれば、日本人の約3分の1は、クレジットカードのリボ払い、消費者金融、銀行カードローンなどの借金をしています。
そして、住宅ローンのようないわゆるまともなローンまで含めると、8割~9割に達する、とのことです。

(たとえば奨学金など、大学生の大部分が利用していますからね)

というように、実は借金というのは、多くの人のイメージよりもはるかに身近なものなのです。
あまり身近すぎてもどうかと思いますが、とにかくみんな隠しているだけで、意外と借りているんですね。

なので、自分だけがカードローンを利用している…などと思うとオドオドしてしまいますが「みんな使ってるし、普通だ」と思って、堂々としていればいいのです。
もちろん、借金に慣れてはいけません。
借り入れの時はあくまで堂々としつつ、急いで稼いで完済する、という努力は同時にするようにしましょう。

在籍確認を回避できる銀行カードローンは?

横浜銀行カードローンは電話連絡なしにすることができませんが、他の銀行カードローンでは、いくつかできるところがあります。
(あくまで、できるという体験談や口コミによるものですが…)

たとえば楽天銀行スーパーローンの場合、少額融資だと職場への電話連絡なしになりやすい、といわれます。
実際に楽天銀行で借りた人たちの評判や体験談によるもので、実際に楽天銀行がそう公式にサイト等に記載しているわけではありません。

ただ、実際「小口融資だと電話確認がされない」ということは、他の銀行カードローンでもたまにあります。
特に審査が混み合っている時など「この人の借入希望金額で、このクレジットスコア(信用度)だったら大丈夫」という場合は、省略することもあるでしょう。

こういう時に電話確認を省略することは、いいことです。
それによって申し込み者全員の時間を節約することができるわけですから。
それはイコール「日本人の時間の節約に貢献した」ということで、社会全体にとってプラスなんですね。

もちろん、返済能力の低い人の電話確認まで省略してはいけません。
しかし、明らかに必要ないレベルの人だったら、別に電話連絡なしにしても特に問題ないのです。
むしろ上に書いたように、他の申し込み者の審査を早くするためにも、省略した方がいい場面もあるんですね。

三菱東京UFJ銀行は土曜日・日曜日・祝日はなし?

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の場合、土曜日・日曜日・祝日にテレビ窓口(無人契約機)で審査すると、会社が閉まっている時などは、電話連絡なしでも通る…という体験談がいくらか見られます。

これも楽天銀行スーパーローンの時と同様、どこまで本当かはわかりません。
三菱東京UFJ銀行でも他の銀行カードローンでも、公式に「こういう時は電話確認をしません」などというわけがありませんから、実際のところは不明です。

ただ、他の銀行でこういう評判が立たず、三菱東京UFJ銀行や楽天銀行でこういう体験談が聞かれるというのは、やはりある程度事実の場面があるからでしょう。

なので、土曜日・日曜日・祝日の申し込みで、勤務先が閉まっているために電話確認ができない…というような場面では、三菱東京UFJ銀行で申し込んでみることをおすすめします。

ゼニ侍がオススメするカードローン

横浜銀行カードローン関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.