楽天銀行カードローン

楽天銀行スーパーローンの「金利」・「返済手数料」・「返済方法」のこと

イメージ071

楽天銀行スーパーローンでまず言えることは下限金利が高いっちゅうことじゃ。これじゃ一見損しているようじゃが、しかしこりゃ限度額いっぱい借入する時にしか使われんのじゃからまず気にする必要はないっちゅうことじゃ!

楽天銀行スーパーローンの金利を他行と比較

楽天銀行スーパーローンの金利(1.9%~14.5%)は、冒頭にも書いた通り、銀行カードローンの普通レベルです。
実際にどのくらいなのか、他の銀行の金利と一覧にして比較してみます。

  • 楽天銀行…1.9%~14.5%
  • 三菱東京UFJ銀行…1.8%~14.6%
  • みずほ銀行…4.0~14.0%
  • 三井住友銀行…4.0~14.5%
  • 東京スター銀行…4.5%~14.6%
  • オリックス銀行…1.7%~17.8%
  • 横浜銀行…1.9%~14.6%
  • じぶん銀行…3.9~17.5%
  • イオン銀行…3.8~13.8%

主だった銀行カードローンのみですが、とりあえずこの一覧のようになります。
ここから楽天銀行スーパーローンの金利について言えることをまとめます。

下限金利(安い方の金利)が高い

まずデメリットの指摘ですが、下限金利(最低金利)が一番高いです。
安い所では横浜銀行の1.9%やオリックス銀行の3.0%。
横浜銀行の下限金利は銀行カードローンの中で完全に別格なので、これは除外します。

(神奈川県・東京都・群馬県に住んでいないと借りられない、というデメリットもあるので)

全国どこでも借りられる銀行カードローンという点で、オリックス銀行の下限金利の3.0%が最安。
これと比較すると、楽天銀行の4.9%というのは、かなり高い下限金利と言えるでしょう。

…というのは、キャッシング初心者の見方で、実はオリックス銀行と楽天銀行の金利差はそれほどないのです。
理由を説明します。

オリックス銀行が安いのは限度額が大きいだけ

キャッシングの金利というのは「借入金額」で決まります。
借入金額が大きければ大きいほど、金利も安くなるというわけですね。

オリックス銀行の最高限度額は800万円、これに対して楽天銀行は500万円です。
ということは、楽天銀行とオリックス銀行の下限金利を比較するためには、オリックス銀行の方も「500万円で金利いくらか」を見る必要があるんですね。
で、それで比較しましょう。

オリックス銀行の500万円の時の金利は、『300万円超500万円以下…4.5%~8.8%』となっています。
ということは、500万円の時は「4.5%」の可能性が高いんですね。

楽天銀行は先にも書いた通り、500万円の時に「4.9%」です。
ということで、確かに少し高いですが、それでも「3.0%」と「4.9%」という差ではないということです。

…というように、楽天銀行やオリックス銀行に限らず、キャッシングの下限金利を比較するときは、常に「最高限度額」も同時にチェックする必要があります。
先に書いた横浜銀行が圧倒的に安いのも、実は「最高限度額1000万円」という巨額だからです。
(とはいっても、横浜銀行はそれより小さい限度額でも、やはり低金利なのですが)

上限金利は普通なので、問題なし

楽天銀行の下限金利の話が長くなりましたが、上限金利については、14.5%という数字はごく普通です。
高くも低くもありません。

むしろ地方銀行の一部と比較すると安いです。
たとえば北海道銀行のカードローンは、上限金利が約14.9%になっています。
他にもこういう地方銀行はいくつかありますが、それらと比較すると、楽天銀行スーパーローンの上限金利は安いと言えるでしょう。

ちなみに、上限金利は借入金額が小さい時の金利なので、多くの人のキャッシングで適用される金利です。
なので、こちらで高金利でなければ、そのカードローンは高金利ではない、ということです。

楽天銀行スーパーローンの返済方法

続いて楽天銀行の返済方法と、それにかかる手数料をまとめます。
楽天銀行スーパーローンの返済方法は、主に自動引落と、ATM返済。
無料で使えるATMが多いのが魅力です。

提携コンビニATMは全部利用手数料なし

まず、提携コンビニATMはすべて利用手数料なしとなっています。
ローソンやミニストップなどの大手はもちろん、生活彩家、セイコーマート、スリーエフ…といった中小チェーンでもすべて無料です。
なので「コンビニを見つけたら、どこでも楽天銀行スーパーローンが無料で借入・返済できる」と思ってください。

銀行は三井住友銀行などが無料

さらに提携銀行ATMも、三井住友銀行・イオン銀行・セブン銀行のATMが手数料なしで利用できます。
楽天銀行はネット銀行ということで、ATMを持っていません。
なので、通常の銀行業務のときから、これらの銀行との提携を積極的にしているんですね。

全国のコンビニに加えて、三井住友銀行とイオン銀行のATMが無料なら、かなりの場所で手数料無料で返済できる、ということです。
(セブン銀行は実質セブンイレブンと同じなので、個人的には提携コンビニATMのようなものだと思っています)

…というように、返済方法も無料でできるものが多いので、楽天銀行スーパーローンは計画的に返済したい人にもおすすめのカードローンです。

ゼニ侍がオススメするカードローン

楽天銀行カードローン関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.