消費者金融基礎

無利息期間があるカードローン会社は?お得に使えるキャッシング

zenizamurai315
無利息期間とは「この期間の利子はすべて無しになる」という期間。
たとえば「30日間無利息」なら、1ヶ月分の利子がゼロになります。

カードローン会社によって、それぞれの無利息期間をもうけています。
ここではそれらの無利息期間をまとめて紹介します。

【目次】

1.消費者金融の無利息期間一覧・まとめ
1-1.30日間無利息…プロミス・レイク・アコム
1-2.180日間無利息…レイク(5万円まで)
1-3.1週間無利息…ノーローン(何度でも)

2.無利息期間がある銀行カードローン一覧・まとめ
2-1.ジャパンネット銀行カードローン「無利息特約」
2-2.楽天銀行スーパーローン「無利息特約サービス」
2-3.住信SBIネット銀行ネットローン「2ヶ月無利息キャンペーン」
2-4.トマト銀行カードローン「無利息キャンペーン」

3.まとめ「審査が厳しい&時間がかかってもいいなら、銀行がおすすめ」

1.消費者金融の無利息期間一覧・まとめ

1-1.30日間無利息…プロミス・レイク・アコム

無利息期間で一番メジャーなのは「初回30日間無利息」。
そして、これを提供しているのがプロミス・レイク・アコムです。

30日間無利息は、ジャパンネット銀行や楽天銀行などの銀行カードローンでも提供されています。
ただ、最短即日審査の通りやすさなどを考えると、まだまだプロミス・アコム・レイクの方が便利でしょう。

1ヶ月で完済できなくてもOKです。
最初の1ヶ月分の利息は、未来永劫なかったことになるので、安心してください。

そして、この「最初の1ヶ月分がない」というリードはずっと続くので、トータルでの利息もずっと安くなります。
(他の消費者金融と比較した場合。消費者金融の金利はみんな同じなので)

ただ、銀行カードローンは消費者金融より金利が安いので、1ヶ月を過ぎたら、徐々に差が縮まり「5ヶ月」で追いつかれます。
つまり、5ヶ月で完済する自信があったら、銀行カードローンで借りるよりもプロミス・アコム・レイクで借りた方が、低金利ということですね。

金利の数字だけ見たら、銀行カードローンの方が確かに安いです。
しかし、30日間無利息を活用すると、実はこれら3業者の方が安い、ということなんですね。

1-2.180日間無利息…レイク(5万円まで)

先にあげた3業者の中でも、レイクは「5万円まで180日間無利息」というシステムをもう一つ持っています。

これは5万円以内の少額の借り入れをする時に、とても便利な無利息期間。
180日間あれば誰でも5万円は完済できるでしょう。

この180日間無利息を申し込むのに、特別な手続きも必要ありません。
レイクでいくら借りていようと、5万円の部分には常にこの「180日間無利息」が適用されています。
(初回のみですが)

なので、たとえば「50万円」をレイクで半年借りていた場合。
そのうち5万円は無利息なので、「45万円」分の利息だけ払えばいいんですね。
(半年を過ぎたら、「50万円」分の利息を払います)

1-3.1週間無利息…ノーローン(何度でも)

ノーローンの1週間無利息は、期間は短いですが「何度でも」使えるのが特徴。
ここまで紹介した「30日間無利息」「180日間無利息」は、どちらも「初回のみ」なのです。

つまり、以前に一度使った場合、もう使えないということですね。
この点、ノーローンの1週間無利息は何度でも使えます。

なので、給料日前などに定期的にピンチが訪れる…という方におすすめです。
(もちろん、そういう定期的に危なくなる状況自体を、まず何とかするべきですが…)

2.無利息期間がある銀行カードローン一覧・まとめ

2-1.ジャパンネット銀行カードローン「無利息特約」

ジャパンネット銀行のカードローンは「ネットキャッシング」という名前。
これには「無利息特約」というものがあります。

プロミス・アコム・レイクと同じく「初回30日間無利息」というシステムで、借入金額がいくらでも、金利なしになります。
しかし、無利息にならないケースもあるので、注意が必要です。

無利息にならない条件は「返済に遅れた場合」「その他のジャパンネット銀行のローンに契約しなおした場合」「その他、違反をした場合」dえす。

「返済に遅れた」というのは、利息の返済ではありません。
(利息はないので)

これは他のカードローンや消費者金融でも同じですが「無利息とはいえ、元金だけは返済する」んですね。
つまり、10万円借りたら、1200円~1500円の利子が1ヶ月で発生しますが、これは払わなくていいということ。

代わりに、元金の10万円のうち、5000円~1万円程度を返済する、ということですね。
これに遅れたら「30日間無利息は解除しますよ」ということです。

このルールはジャパンネット銀行だけではないので、他の銀行カードローンや消費者金融の無利息期間を利用する時も、注意してください。

2-2.楽天銀行スーパーローン「無利息特約サービス」

楽天銀行スーパーローンもジャパンネット銀行と同じく「初回30日間無利息」をやっています。
条件は「楽天銀行の口座を開設すること」などがありますが、楽天銀行スーパーローンを利用するなら、どの道開設した方が便利です。
なので、この条件は特に問題ないでしょう。

楽天銀行スーパーローンの無利息期間は、2015年の6月に始まった、まだ新しいものです。
しかし、ただでさえ低金利の銀行カードローンで、このように30日間無利息のサービスがあると、消費者金融より明らかにこちらに利用者が集まります。

こうなると、これまで30日間無利息で利用者を集めてきたプロミス・アコム・レイクは、これから厳しい競争を強いられるかも知れません。

(これでさらに楽天銀行スーパーローンの審査が、消費者金融並に早くなったら、もう言うことはないのですが、審査時間ではまだ消費者金融が有利ですね)

2-3.住信SBIネット銀行ネットローン「2ヶ月無利息キャンペーン」

期間限定のものですが、住信SBIネット銀行もたまに「無利息キャンペーン」をやります。
たとえば過去にあったものでは、2011年の3月~6月に展開した「最大2ヶ月無利息」というキャンペーン。

普通は無利息にするのは1ヶ月ですが、ここでは2ヶ月ということで、期間が長いのも魅力です。
かなり前のもので、その後はやっていないようですが、今後もこういう無利息キャンペーンがあるかも知れません。

住信SBIネット銀行以外でも、こういう臨時の無利息キャンペーンをすることはよくあるので、そうした情報もチェックするといいでしょう。

(もちろん、当サイトでも今後もまとめていきます)

2-4.トマト銀行カードローン「無利息キャンペーン」

トマト銀行は岡山県の地方銀行です。
ここもたまに無利息キャンペーンをやっていて、新しいものでは「2015年4月~7月」のキャンペーンがあります。

この無利息期間は長いです。なんと「3ヶ月」です。
正確にいうと「5月、6月、7月」の3ヶ月間に支払われた利息をすべてキャッシュバックするというもの。

つまり、7月に契約したら1ヶ月分のみですが、4月や5月に契約したら「3ヶ月無利息」ということです。
もちろん、長期間借りればいいというものではないのですが、やむを得ず長期間借りる場合、3ヶ月まで無利子というのは嬉しいですね。

特に大きい金額を借りるけど、3ヶ月か4ヶ月で完済できる、という場合にはこれは便利です。
もっとも、トマト銀行は地方銀行なので、岡山県や周辺の都道府県に住んでいないと、利用できませんが…。

3.まとめ「審査が厳しい&時間がかかってもいいなら、銀行がおすすめ」

手っ取り早く借りたいなら、消費者金融の方がいいです。
しかし、「急いでいない」「審査が厳しくても、通る自信がある」という場合、銀行カードローンの方がいいでしょう。

以前の銀行カードローンは無利息期間がほとんどありませんでした。
しかし、最近では楽天銀行・ジャパンネット銀行をはじめ、少しずつ大手の銀行でも無利息期間を導入するようになっています。

もしこれらの銀行カードローンでも審査に通る自信があれば、こちらの方がいいでしょう。
もともとが低金利ですし、その上さらに無利息期間までつくわけですから。

消費者金融と銀行カードローンの審査の難しさは、大体銀行が2倍難しい、という状況です。
(審査通過率という数字を見ると、そうなっています)

という風に銀行カードローンは少し審査が厳しいですが、それをクリアデキるなら、銀行カードローンの無利息期間をおすすめします。

ゼニ侍がオススメするカードローン

消費者金融基礎関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.