モビット

(即日融資マニュアル)モビットならWEB完結で今日中にキャッシング

イメージ054

実はモビットは最短即日融資には向いてる消費者金融なんじゃがの~土日だって、年末年始だって申込みできるっちゅうんじゃからおすすめするがよ!

モビットの最短即日融資の条件とは

モビットで最短即日融資をする条件は「会社の保険証」「給与明細」を提出すること。
それから「三井住友銀行」か「三菱東京UFJ銀行」の口座を持っている…ということです。

この2つの条件を満たしていれば、WEB完結申込というモビットの自慢の審査システムで、ネット申込みをするだけで受かるのです。
先にも書いた通り、プロミス・アコムではネットのみで電話連絡をなしにすることはできないので、これはモビットならではです。

ネットのみで電話確認回避できるメリット

モビットのようにWEBのみで電話確認回避できるメリット―。
それは「緊張しない」というのもありますが「審査にかかる時間を短縮できる」というのもあります。

モビットのように口頭でやり取りすると、どうしてもそれだけで5分はかかりますし、特に無人契約機まで移動するとなると、かなりの時間がかかります。
電話申し込みもすぐにつながるとは限りませんし、やはりネットのみで回避できるなら、それが一番便利です。

条件さえ満たしていれば、後は何の障害物もないわけですから、申し込んだ本人はゆうゆうと審査結果を待っているだけでOK。
そういう点では、急ぎで最短即日借り入れしたい時に、一番失敗なく、確実にキャッシングできる方法だといえます。

モビットは土曜日・日曜日・祝日でも最短即日借り入れ可能

さらに最短即日融資で重要なことは「土曜日・日曜日・祝日でも借入可能か」ということですが、モビットはその点も安心。
土曜日・日曜日・祝日でも年末年始でも、お盆でもクリスマス・ゴールデンウィークでも、問題なく借り入れすることができます。

土曜日・日曜日・祝日の最短即日審査の受付時間は、モビットの場合は20時頃まで。
頃というのは、最短当日審査の回答時間が、21時までとなっているからです。

つまり、この21時までに審査完了していれば、最短当日融資できるということ。
ということは、審査にかかる時間が30分だったら、20時30分に申し込み。
1時間かかるなら20時に申し込み…というデッドラインで間に合う、ということですね。

モビットの審査の所要時間は、最短30分です。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

これは最短なので、1時間はかかるとして計算します。
ということは、21時に完了するには、20時の申し込みが必要―。
(※補足 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

ということで「20時までに申し込めば、最短即日借り入れできる」というわけです。
絶対に間に合うかはわかりませんし、もっと遅くても間に合う可能性もありますが、大体この時間を目安にしてください。

モビットは年末年始でもキャッシングできる

さらにモビットが他の消費者金融よりも最短即日融資で優れているのは「年末年始も、一切休みなし」ということ。
1月1日だけはさすがに休業ですが、あとは完全に通常営業です。
受付時間の短縮などもありません。(大晦日ですら短縮なしです)

年末年始にもATMで借り入れできる、ということではなく「最短即日審査できる」ということですから、少々驚きます。
それだけ、こういう時期でもキャッシングを必要とする、という人がいるということでしょう。

それも驚きますが、これだけフルで働くモビットの努力にも頭が下がります。ちなみに、他の消費者金融の年末年始の営業は、プロミスが大晦日のみ、4時間早く受け付けを終了します。
あとは、1月1日に休むだけで、1月2日からは通常営業です。
(プロミスも凄いですね)

アコムは12月31日と1月1日のみ休業。
モビット・プロミスより1日休みが多いですが、後は通常営業です。

ノーローンとアイフルは12月31日~1月3日まで休み、合計4日間の休業となっています。
これが普通ですが、他の消費者金融は、年末年始にも普通の会社では考えられないほど頑張っている、といえます。
(もっとも、コンビニ・ファミレスの社員さんも、似たようなものですが)

ゼニ侍がオススメするカードローン

モビット関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.