即日融資の知識

カードローン、夜間の審査・即日融資対応サービスと方法

zenizamurai287
夜間でも即日審査・即日融資可能なカードローンは、消費者金融ならたくさんあります。
銀行カードローンなら限られていますが、消費者金融の大手はすべて夜間でも当日審査可能。
審査に通ればそのまま借り入れできます。

ここでは、夜間のカードローンの即日審査と当日融資についてまとめます。

【目次】

1.夜間何時まで即日審査を受け付けているのか?
1-1.消費者金融の大手は、どこも21時。プロミスは?
1-2.銀行は三井住友銀行が21時まで
1-3.年末年始の夜間でも、消費者金融なら即日審査可能

2.まとめ「事前にネットで仮申し込みしていくといい」

1.夜間何時まで即日審査を受け付けているのか?

1-1.消費者金融の大手は、どこも21時。プロミスは?

消費者金融の大手は、どこも夜間21時まで即日審査を受け付けています。
この時間までに審査を開始すればOKということ。
審査に通れば、そのままカード発行され、隣接しているATMですぐに借り入れできます。

プロミスだけは他の消費者金融よりも1時間長く、22時までOKとなっています(※一部21時もあります。)。
なので、夜間ギリギリの時はプロミスで即日審査するのがいいでしょう。
ギリギリだとどんなトラブルがあるかわからないので、1時間長いだけでも、即日融資を確実に受けるためには重要です。

大手の即日審査の受付時間でよく間違うのは、レイクの時間。
レイクの自動契約機は24時まで開いているので、即日審査も24時までできると勘違いしている人が多くいます。

しかし、即日審査自体は、レイクでも21時までしか受け付けていません。
それ以降に申し込んだ場合、レイクでも翌日に持ち越されるので、注意してください。

レイクの自動契約機では、ノーローンの審査も受け付けています。
なので、ノーローンの場合も同じように24時までと勘違いしてしまっている人がいますが、ノーローンもやはり21時までです。

…というように、消費者金融の中で一番遅くまで即日審査に対応しているのは、プロミスです。
夜間ギリギリの時は、プロミスで申し込むようにしましょう。

1-2.銀行は三井住友銀行が21時まで

銀行カードローンのほとんどは、夜間の即日審査は受け付けていません。
しかし、一部の銀行カードローンでは受け付けていて、その中でも特に遅くまで即日融資可能なのが、三井住友銀行です。

三井住友銀行は、ローン契約機で審査します。
ローン契約機は、消費者金融でいう無人契約機と同じ。

即日審査の要領は消費者金融と同じで、21時までにこの中に入って審査を開始すればOKです。
三井住友銀行のローン契約機は21時まで開いていますが、その日中の審査の受け付けは大体20時までと思ってください。

三井住友銀行のカードローンは、即日審査の回答が21時までとなっています。
つまり21時以降は回答しないということなので、21時に申し込んでも、その日に審査の回答は得られないということなんですね。

つまり当日審査できないということです。
なので、三井住友銀行の場合「何時まで当日審査受け付け」という時間ははっきりしていませんが、大体20時までに申し込んだ方がいいでしょう。

普段は夜8時までですが、土曜日と祝日は夜6時まで、日曜日は夕方5時までとなっています。
時間が短くても即日審査してくれるだけで便利ですが、とりあえず時間だけは注意してください。

1-3.年末年始の夜間でも、消費者金融なら即日審査可能

消費者金融の夜間の当日審査は、年末年始でも変わらずにやっています。
モビットは元旦以外は完全に通常営業で、大晦日ですら21時まで即日審査可能。
1月1日のみ休んで、1月2日からまた通常通りです。

プロミスもほぼ同じで、完全な休日は1月1日のみ。
12月31日も当日審査していて、いつもの22時から、18時に時間が変わるだけです。
4時間短くなりますが、それほどの影響はないでしょう。

その他の消費者金融も、年末年始でも夜間に営業しています。
アコムは12月31日と1月1日は休みますが、後は通常通りの当日審査。

アイフルは12月31日~1月3日まで休みますが4日から通常通り、夜間も即日審査しています。
アイフルなどの場合は少し休みが長いですが。モビット・プロミスあたりで申し込めば、年末年始の夜間でもまったく問題なく、いつもどおり申し込みできるということ。

年末年始にカードローンの審査を受けるというのは、かなり切羽詰まった状況だと思いますが、とりあえず、プロミス・モビットで申し込んでおけば何とかなるでしょう。
(現時点の借り入れなどに、大きな問題がなければ)

2.まとめ「事前にネットで仮申し込みしていくといい」

夜間の当日審査は、ここまで書いた通り、基本的に無人契約機やローン契約機で申し込むことになります。
最初の審査からすべてこれらのマシンでやってもいいのですが、それだと個人情報の記入が大変です。

手書きで申込書に記入したり、タッチパネルで操作したりしますが、どちらにしても面倒です。
というわけで、最初の個人情報だけ、ネットで仮申し込みしておくことをおすすめします。

つまり、通常通りの申込みフォームから審査を受けるということですね。
その後で自動契約機に向かって、審査が始まったら、ネットで仮申し込みしたことを告げればOKです。

そうしたら、オペレーターさんがその情報を探して、それを見ながら審査を進めてくれるので、審査がスムーズになります。
…というような一工夫で、審査にかかる時間も短縮できるんですね。

ただ、無人契約機が閉まる直前の21時付近の場合は、先に無人契約機に滑りこんで審査を開始した方がいいので、その場合はネット申込みをするより、無人契約機に直行しましょう。

ゼニ侍がオススメするカードローン

即日融資の知識関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.